【英語教員が推薦】Storyで覚える!TOEICテスト エッセンシャル英単語の内容は?

世の中には、英語の参考書が山のようにあります。

その中で、現役の英語教員である私が、自信を持って推薦する参考書がいくつかあります。

 

今回はその中で、

「Storyで覚える!TOEICテスト エッセンシャル英単語」

という参考書を紹介します。

 

この記事では、

「Storyで覚える!TOEICテスト エッセンシャル英単語」が

  • どんな参考書か?
  • レベルはどれくらいか?
  • どんな人にオススメか?
  • どうやって、学習に取り入れるべきか?
  • この参考書の評価・レビューは?
  • この参考書をやり終わった後は、どんな勉強をするべきか?

について、全て解説させていただきます。

この記事が、英語学習の参考書で悩んでいるあなたの参考になれば幸いです。

 

「Storyで覚える!TOEICテスト エッセンシャル英単語」はどんな参考書?

「Storyで覚える!TOEICテスト エッセンシャル英単語」はTOEIC対策用の単語集です。

ただし、その特徴として、本のタイトルにもある通りストーリーに沿って学習していくというものです。

 

ただしこのストーリーが独特で、内容としては、良くある英語の教科書のような、幼稚な英語学習ありきのストーリーではないです。

社会人の恋愛模様の小説が、英語で書かれていると言って良いでしょう。

単純な英語の小説との違いは、英文のあとに訳文がついており、わからない部分については、その訳文を読むことで理解できるということです。

ストーリーが一話終わるごとに、文章の中で出て来たTOEIC頻出単語が掲載されています。

ただし、このストーリーの後のTOEIC頻出単語の解説についても、面白い仕掛けがしてあり、最初は非常に丁寧な解説、訳文が掲載されているのですが、徐々に日本語の文量が減っていき、ストーリーの最後の方になると全て英語で書かれているようになります。

一部だけとはいえ、TOEIC対策の単語集で、解説が全て英語で書かれている本はこの本一冊だけだと思います。

なぜこのような、単語の解説から徐々に日本語が減っていく特殊な仕掛けをしているのでしょうか?

 

英語教育では、

「英語を習得するのに、日本語訳を使わないほうがいい」

という考え方があります。

 

ですが、いきなり日本語訳がなくなると、特に初心者では何を書いてあるのかわからず、単語集として、参考書としての意味がありません。

このため「Storyで覚える!TOEICテスト エッセンシャル英単語」では、まずは最初は日本語訳を読みながらはじめます。

その後、徐々に英語の力がついて来たタイミングで、日本語訳の割合を減らしていき、最終的には英語のみになります。

 

こうすることで、

「英語で読んで、英語で考え、英語で理解する」

というプロセスを、一冊の本、一つのストーリーの中で段階的に実践できるのです。

 

「Storyで覚える!TOEICテスト エッセンシャル英単語」は、TOEIC対策の単語集です。

 

ですが、英語学習指導のスペシャリストである山内勇樹さんが書いているので、

いかにして英語を学習するのか?そのノウハウがぎっしりと詰まった本であるといえます。

→「Storyで覚える!TOEICテスト エッセンシャル英単語」の著者『山内勇樹』さんについて、実績、経歴などはこちら!

 

 

「Storyで覚える!TOEICテスト エッセンシャル英単語」のレベルは?

「Storyで覚える!TOEICテスト エッセンシャル英単語」のレベルについてですが、かなり広い範囲のレベルまで対応しています。

 

本の最初の「はじめに」を読むと、「Storyで覚える!TOEICテスト エッセンシャル英単語」は、きちんと学習することで最低でもTOEICスコア550が出せるようにできているとのことです。

この本のChapter1〜Chapter6ごとにTOEICスコアのレベルが書いてあり、それによるとChapter1は「550点突破!」Chapter6では「800点突破!」が可能な単語レベルになっています。

 

「Storyで覚える!TOEICテスト エッセンシャル英単語」はどんな人にオススメ?

この本は、

やる気はあるし、英語をやらないければいけない状況だが

「英語が丸暗記できない」

または丸暗記したが、

「なかなかスコアが伸びない」

という人におすすめです。

 

その理由は、本書「Storyで覚える!TOEICテスト エッセンシャル英単語」では、丸暗記だと学習しにくい単語の本質。

 

つまり本のタイトルにもある「エッセンシャル」な部分を理解することで、英語を実践的に覚えることができ、また場面によって意味が変わる単語の本質を掴むことができるためです。

昔から英単語が苦手だ…という人にはぜひ手に取っていただきたいです。

 

「Storyで覚える!TOEICテスト エッセンシャル英単語」はどうやって学習にとり入れるべき?

この本の使い方ですが、基本的にはこの参考書一本に絞って勉強するべきです。

「Storyで覚える!TOEICテスト エッセンシャル英単語」は複数の参考書と一緒に活用するタイプの参考書ではないたためです。

「試験対策なのに単語集だけで大丈夫なの?」

という疑問をもたれる方もいるかもしれませんが、「Storyで覚える!TOEICテスト エッセンシャル英単語」はストーリー調の英文を読むReadingと、その英文をネイティブが音読したものを聞くリスニングの二つの勉強を同時に行うことができる単語集です。

このため、この一冊を集中して取り組むことがもっともこの参考書を活用する勉強法になります。

 

「Storyで覚える!TOEICテスト エッセンシャル英単語」の評価・レビューは?

「Storyで覚える!TOEICテスト エッセンシャル英単語」のレビューを、Amazonの口コミから集めて来ました。
参考にしていただければ幸いです。

 

TOEICの頻出単語をストーリーの中に盛り込んだとても画期的な学習本です。非常に分かりやすく、勉強を意識することなく、取り組めました。TOEICの勉強に何から手をつけてよいか迷っている方にはちょうどよい教材だと思います。

参照元:アマゾン 

評価:☆
「期待したのに残念」
安っぽい恋愛ドラマみたい。発想としては良いがもっとクールな内容にしてほしかった。
音声ダウンロードがstory11のあとにstory1が編集されたりとバラバラに入る。
順番通りに入れるために工夫しなければならず、面倒。

参照元:アマゾン 


「ストーリーだから段階的に理解しやすい。」
まず、ストーリーでTOEICを学べることに惹かれました。広く浅く覚えて、単語を流れで覚えることが点数に繋がることはTOEICで点数取るための方法として、気持ちが楽になります。
新TOEICに対応しているということで、ストーリー仕立てで、段階的にレベルアップできる順番がとても良いなと思いました。
ゴールがわかりやすいので無理なく学び進められる本だと思います。

参照元:アマゾン 

「Storyで覚える!TOEICテスト エッセンシャル英単語」をやったあとは何をすれば良い?

「Storyで覚える!TOEICテスト エッセンシャル英単語」をきっちり勉強することで、基礎的な英語力については十分マスターできているといえます。

このため、次にするべきはTOEICの試験問題形式になれることです。

私のおすすめは、こちらの問題集です。

「公式 TOEIC Listening & Reading 問題集 3」

 

また、もし単語集だけでは不安、こちらの問題集をやった時に、文法問題で苦戦した。

という人は、山内勇樹さんが書いている同じシリーズの

「Storyで覚える!TOEICテスト エッセンシャル英文法」

を学習することをおすすめします。

 

ストーリー的にも「Storyで覚える!TOEICテスト エッセンシャル英単語」の続きなので、読みやすく、同じ山内勇樹さんが書いている本なので、勉強しやすいです。

 

ただし、山内勇樹さんも本の中で書いていますが、あくまでも「Storyで覚える!TOEICテスト エッセンシャル英単語」をやったあとにやることが大切です。

ぜひこの「Storyで覚える!TOEICテスト エッセンシャル英単語」をやってから「Storyで覚える!TOEICテスト エッセンシャル英文法」を使って学習してください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。