おうちホームステイはTOEICに効果なし?その理由を分析してみた!

学校を卒業した人が英語を勉強する理由は、大きく分けて2つあります。

 

  • 英会話をスラスラと話せるようになって、外国の人と交流したい勉強する。
  • 資格試験や昇進試験などのテストで、スコアをあげるために勉強する。

 

いま話題の英語勉強方法、おうちホームステイは基本的に英会話をスラスラと話せるようになることに特化した勉強法です。

資格試験や昇進試験などでよく話題に出て来る英語のテストといえば、一番はTOEICだと思います。

 

この記事では、おうちホームステイがTOEICの学習として効果があるのか?

TOEICの特徴を考えた上で、おうちホームステイがTOEICの学習に効果があるか分析してみました。

TOEICのスコアについて悩んでいる方で、おうちホームステイを考えている方は、ぜひご覧ください。

 

TOEICの特徴は?

TOEICでは英語を聞くテスト(リスニングセクション)と英語を読むテスト(リーディングセクション)の二つがあります。

それぞれ、配点は半分づつです。

 

日本人のTOEICスコアの平均は以下の通りです。

正直、思ったよりもスコアが高いなというのが第一印象です。

このデータからわかることは、日本人の特徴としてリーディングよりもリスニングの方が点数が高い。

つまり日本人では、英語を聞く能力は、読む能力と比べると比較的高いのだとういうことがわかります。

私の受け持った生徒で調査している範囲では、この傾向はおおよそどんな人も同じです。

おうちホームスティの特徴は?

おうちホームステイは、AIスピーカーを活用することで、自宅で1人でも、英会話スクールと同じ、リスニングとスピーキングの両方を効果的に習得できる学習方法です。

また、AIスピーカーを活用する独自の教材、カリキュラムのおかげで、レッスン予約などの人の都合を考えず、やりたい時にやりたい分だけ、学習を進めることができます。

正直発音が上手くないなどで英語がなかなか通じない、英語の勉強を始めたての時期は、羞恥心から人と英語で話すのが嫌になると思います。

その時期をAIスピーカーを活用することで、英語学習の1番の敵である羞恥心に気を使わず、発音を勉強することができます。

 

おうちホームステイはTOEICに効果がある?

TOEICに必要な能力は、リスニングとリーディング、おうちホームステイで勉強できるのは、リスニングとスピーキングです。

その点を考慮すると、おうちホームステイはTOEICに効果があるかないか?ではあるといえます。

ですが、それはあくまでリスニングのみの限定的なものだといえます。

日本人のTOEICのスコア平均から、全体的にリーディングセクションの点数の方が低いケースが多いことがわかっているため、本格的にスコアアップを狙う場合は、リーディングセクションも勉強可能な別の教材が必要になります。

 

おうちホームスティでTOEICの勉強はできないの?

おうちホームステイでTOEICの勉強はできないことはありませんが、あくまでもリスニングのみになると考えられます。

もし、TOEICのスコアをあげたい場合は、おうちホームステイではTOEICのスコアアップのための教材の準備もありました。

こちらの教材について気になる場合は、無料体験に入って、おうちホームステイ公式LINEと山内さんのメルマガに登録すると情報をゲットすることができます。

以上、英語学習の方法を考える、ご参考にしていただければ幸いです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。